×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ティーウェイ航空口コミガイド

ティーウェイ航空 口コミ

 

ティーウェイ航空の口コミを見ていきましょう。ティーウェイ航空、あまり聞いたことがないかもしれませんが、2004年に、韓国で最初の格安LCCとして誕生しています。最初は韓星航空という名前だったのですが経営難で2010年に新資本によって今の名前になりました。ティーウェイ航空はソウルの金浦からチェジュが主力路線となっていて、国際線については、台北、福岡、バンコクの路線となっています。一番最近では2012年の12月に沖縄の那覇にも就航しています。ほかの韓国の格安航空会社のLCCと同じで簡単な機内食、ドリンクサービスはあるのですが気になる値段は福岡と仁川が、往復9000円から16000円くらいで燃油サーチャージは別にかかるので、もう少し値段派があるかもしれませんが韓国路線の中では安いといってもいいでしょう。

 

 

そんなティーウェイ航空の口コミですが、このような口コミになっていました。
・LCCにしては機内のサービスが行き届いていた、短距離なのに機内食もあって、ソウル行きではおにぎりがでて、ソウル発ではクロワッサンが出た。
・ドリンクはオレンジジュースがでて、ビールは有料だった
・座席指定ができなかったが好きな席があったら早めにカウンターへ行けばいいのでよかった
・機内はすごく綺麗で機内販売もあったし機内アナウンスは韓国語と英語、日本語でわかりやすかった

 

といった口コミがありました。

ティーウェイ航空 評判

 

ティーウェイ航空の評判ですが、格安航空会社のLCCの中でも一番地味という印象がある航空会社なのですが、福岡と仁川、沖縄と仁川間だけなのであまり日本では九州沖縄地方の人しかなじみがないのが特徴です。日本人をメインターゲットにしているわけではなくて韓国人をメインターゲットにしていますが1日2便の運行があって日本人にも便利に使いやすいダイヤであることが評判です。路線は諸経費込みで大体福岡―仁川が、2万円くらいが標準です。1時間20分のフライトの中で軽食の機内食があってドリンクサービスもあって機内販売もあるのが特徴で機内販売の商品は大韓航空の商品の提供です。

 

この1時間半という短距離の中でこのサービスはとても高いレベルの水準だという評判もあります。実際に乗った人は機体は古いけどとても清潔で快適で、座席のシートはLCCなのでそれなりに狭いけどいすも薄いからそれほどつらくはなかった、1時間半のフライトなので十分という意見が多かったです。ティーウェイ航空はLCCではありますが、運賃は段階になっていて荷物手数料はないので、大手の航空会社に近いLCCということで定評がありますし実質的には大手のサービスとほとんど代わりがないというサービスが受けられることもあって評判はいいでしょう。

ティーウェイ航空 沖縄

 

韓国の格安航空会社LCCのティーウェイ航空は日本には福岡と沖縄に就航していますが期間限定で宮崎に就航していることもありました。フライト時間ですが、沖縄の那覇発着分は、日曜と木曜に運行しています。1日1便で名は出発が11時5分、仁川着が13時20分となっていて2時間15分の飛行です。仁川から那覇への便は朝7時50分出発、那覇には10時5分着のこちらも2時間15分の飛行時間となっています。沖縄から韓国への距離がいっそう縮まったティーウェイ航空ですが、予約クラスは、F H B A M Wに分かれています。とある時期のティーウェイ航空の沖縄の値段は、Fクラスが片道1900円、Hクラスが5000円、Bクラスが5500円、
Aクラスが7500円、Mクラスが15000円、Wクラスが30000円となっていました。チャーターフライトなので空港で販売することはありませんしこの値段に別途燃油サーチャージが必要で燃油サーチャージは時期によっても違いますがこの時期は2200円となっていました。これは片道の値段です。そして那覇空港施設使用料は必要ありませんが、韓国の仁川空港施設使用料は1905円となっておりこれは大人も子供も同額です。

 

機内サービスとしてオレンジジュースとミネラルウォーターがでて、軽食としてピーナッツなどが配られます。ブランケットは販売となりビールも販売されています。

ティーウェイ航空 ツアー

 

ティーウェイ航空のツアーはあります。福岡から発着している韓国のLCCなので、福岡発のソウル格安ツアーなどではティーウェイ空港を利用したツアーも組まれています。たとえばとあるツアーでは、ソウル市内のホテルに2日間宿泊して、ティーウェイ航空利用で10800円からという格安な値段で設定されているプランがありました。ティーウェイ航空利用の2-3日の韓国ソウルツアー、こちらは出発する便によっても値段が違うのですが、基本のプランとしては、日曜木曜、月曜水曜、金曜土曜なら追加料金は不要で10時5分初のティーウェイ航空を利用して11時25分にソウルについて、岐路はソウルを14時50分に出て福岡に16時10分に着くといったものでした。

 

福岡から格安で勧告へ旅行をしたいと思っている人にとっては、安い値段のツアーといえるかもしれませんね。ほかのツアーでも、1泊2日でソウルへ行くツアーもありました。こちらは福岡を12時45分出発でソウルに13時45分着、ソウルからは14時50分発16時10分着で帰ってくるといったもので現地1泊以上のツアーですが旅行代金は平日出発なら10900円くらいでいけますし日を選べば、一番最安値となれば9000円でいくこともできるのでとてもリーズナブルな価格でいくことができますから韓国格安ツアーを探している人にぴったりです。

リンク集

バイク買取・・・バイクの買取情報サイト。体験談も。
リーダーズカードのデメリットは?・・・マイルを貯める方ならリーダーズカードなどクレジットカードの存在も知っているでしょう。そのデメリットを紹介。